2009年 ARJS岐阜長良川大会

ブロンソンズ 金森敬仁

中部圏で開催される数少ないアドベンチャーレースがあるので、好奇心で参加しました。 レース経験のほとんどないチームと言っても過言ではないチーム(内、初心者一人)なので、あらゆる事が新鮮で楽しく、色々なアクテビティを体験するきっかけになったと思います。

チーム名 ブロンソンズ

チームメンバー、 キン ナオさん お嬢  

お嬢は山屋出身で水モノやったことなくて、MTBもレースまでに3回という経歴ですが、 レースに参加してくれてすごく感謝しています。 

DAY1:AMはラフト講習会 

ラフトの操船方法の習得はもちろん、チームワークとそれぞれの役割の確認など、初心者チームとしてレースに慣れるにはいい機会だったと思います。
ラフトに乗り込んだ時から降り始めた雨が若干気になりましたが、目の前の事をこなさなきゃならない我々には、この時はあまり気になりませんでした。
この講習のおかげで、ラフトを操る楽しさやコツを学べてレース前の不安は少しなくなりました。

ラフト講習が終わってから、ナオさん一人で懸垂下降の講習。

下降器なんてなんぞや??ってなレベルのナオさんでも、見違えるほど華麗に下降する姿をみて、これまた不安が一つなくなり、いい感じです。
PMから、受付とラフトでの予選となります。 
この頃になると長良川の表情は変わって、まさに濁流。 初心者がこんな中、下っていいのかと思いましたが、そこはアドベンチャー。  しっかり予選を行うとの事で着替えに入ります。 予選は旗門が3つ どれも厳しいところに設置してあります。 我々以外は、ベテランチームばかりなので皆さん果敢にアタックしていきます。 見てるだけでアドベンチャー気分満喫ですが、とうとうアタックする順番になりました。 ブロンソンズは・・・ 

一つ目 奇跡的にクリア

二つ目 かすりもしない

三つ目 出来る訳ない(沈み根にひっかかりロスタイムのオマケ付)

沈や落がなかっただけでも、上出来です。 予選で明日の出発の順番とタイム差が決まります。 僕らは5番目 トップとは6分半 の結果でした。

夜は運営サイドで用意してくれたコテージにて宿泊

地元のケイチャンやカラシ豆腐など地元の名物料理でもてなされ、量、質共に大満足でした。 レースに備えるには非常にいい環境を与えられ、スタート時刻が早いレースなので、宿泊が用意してあるのは安心できます。

DAY2レース本番 

朝、5時半集合。 相変わらず雨は降っています。

6時にラフトからスタートです。 長良川は昨日の予選に比べれば、少しマシにはなりましたが、まだまだラフトに乗りなれてない我々には濁流です。  上位チームが次々とスタートして行き、僕らのスタートです。 なんで、朝の寒い時間から水と戯れなきゃならないのかと自問自答しながら、それでもレースなのでひたすら、CP探しながら漕ぎます。6時にラフトからスタート

ラフティングのワールドカップモ行われた長良川だけあってスリル有、アクシデント有でしたが、ラフティングの魅力を感じるにつれ、寒さも忘れていきます。
ブロンソンズとしては痛恨のCPとり忘れがありましたが、約1時間でラフトセクションは終わり。

次はMTBで山に入っていきます。

小さな集落を抜けて(これがまた日本風情があってなかなかよかったです。)から山に入るのですが、迷走につぐ迷走を繰り返し、カトさんは川に落ちたりしながら、たっぷり時間をかけてCPを取り郡上の街へ・・

郡上の街では名所がCPになっていて、観光客の中で走ったり声掛けられたり非常に楽しい新鮮な気分でした。

MTBの後はトレッキング 

ここも、最初は八幡城を最初のCPに山の中に入ってまた郡上市内へ戻ってくるCPの配置となっています。

ブロンソンズはMTBパートで随分時間を使ったので、山のCP取りは捨て、街中のCPのみ取って制限時間のクリアを目指します。

市内のCPは観光めぐりみたいな感じで配置してあり、ローカル気分が味わえる楽しい設定でレースっぽくないレース加減が少し気持ちを和ませます。

トレッキングの後はまたMTB

市内を離れ、ダラダラと登ってる舗装路をひたすら登り、長良川を挟んで反対側の山を目指します。

登りきった所で懸垂下降とトライアル。 晴れてれば、見晴らしが良さそうな高台から25m位の懸垂下降  そして今回の最高の目玉と言っても過言ではない、トライアル スパイラル管の排水口を100m程のウォータースライダー! 

排水口を100m程のウォータースライダー

これは最高に楽しかったです。 スピード抑制の為にロープにコブが痛かったのが残念ですが、暗い排水口を抜けた時はまさに 「生まれる」
って感じが味わえて最高な気分でした。 こんな楽しい遊びを見付けてくれた、スタッフに感謝です。

満足しきったところで、MTBでスコアOへ移動

スコアOはコントロールを取れば、タイムが減算され総合タイムで逆転があるうるスリリングな駆け引きがありますが、帰着時間をオーバーすると、次には進めないので僕らは探さず体力回復に努めました。

最後のアクテビティは再度、MTBに乗ってCPを探しつつ、麓まで下るだけ
また、MTBを担いで藪漕ぎをするのはツライですが、あと少しで完走なのでとにかく前へ進みます。 お嬢はツラそうでしたが、声を掛けあいながら進んで行きます。

最後のCPを取り後はダウンヒル

濡れた木の根に気をつけながら、下ります。 初心者のお嬢も最後なので頑張って下っていきます。 長良川を視界の下のほうに見ながら、ひたすら下り、何とか郡上八幡自然園に戻ってレース終了です。

完走できた達成感がうれしく、一日雨に降られながらも頑張った、お嬢とナオさんに感謝。 結果はしょうがないけど、協力して進んだレースはとても内容の濃い一日でした。

岐阜という地域を感じさせるいいレースだった

今回のチームでの反省点はいろいろありますが、それはチームで消化するとしてこの長良川大会は一日中郡上の山々や市内を走り回り、岐阜という地域を感じさせるいいレースだったと思います。

特にレースコースのバランスが良く、初心者チームの我々でもなんとか完走できるコースセッティングには脱帽です。 すごく楽しく、価値ある一日を得られました。 また、練習を積んでさらにこのレースを楽しみたいと感じました。

最後に、7チームの為に選手以上の人数でレースをサポートしてくれた、ボランティアスタッフの皆さん、 長い期間(雪が積もってる時期から!)コースを作ってくれた、コースディレクターの高梨さん、アドベンチャーレースを運営してくれた、ODSSのスタッフ、皆さんに支えられて私たちはレースが出来た事を感謝して レポートを終わります。

最終更新日  2009年12月07日

    岐阜大会スポンサー
  • コロンビア
  • プロトレック